神奈川県の横浜・藤沢・湘南・鎌倉の注文住宅、木造住宅は日本住研株式会社へ

0466-27-1091 資料請求・お問い合わせフォーム

環境住宅

熱と空気をデザインした住まいで、快適な暮らしを生みだす

OMソーラーで実現する環境共生住宅

自然が本来もっている力を利用して、快適な住まいを生みだすOMソーラーの家づくり。その基本は、いつの時代でも不可欠な「デザイン・快適・省エネ」という3つの考え方で構成されています。

特別な機械装置を用いずに、屋根や開口部、床など、建物そのものの建築的工夫から太陽エネルギーを利用する「パッシブ・ソーラーシステム」により、屋根面そのものが集熱に利用されます。屋根に降り注ぐ太陽の熱は暖房や給湯として熱エネルギーに変化し、日本ならではの四季の移り変わりにも柔軟に対応するだけでなく、大きな省エネにもつながる設計となっています。OMソーラーは、外部の自然環境をうまく取り入れながら、快適な暮らしを生みだします。

イメージ写真

OMソーラーのしくみ

家全体を温める冬の床暖房、風の流れで涼しい室内環境をつくる夏、
四季を通じて快適な暮らしを目指す、OMソーラーの仕組みをご紹介します。
※下記のコンテンツはOMソーラーの公式サイトより引用したものです

冬 MOVIE

夏MOVIE

しくみの基本

OMソーラーのしくみは、太陽で床暖房する冬の働きが基本です。
太陽熱を集めて、蓄熱して、家全体を温めます。

しくみの基本

冬と夏のしくみ

冬の昼間

冬の昼間|太陽で床暖房

冬の冷たい外気を、屋根に降り注ぐ太陽の熱や太陽光発電時に発生する熱を利用して温め、太陽電池で駆動するハンドリングボックス内の小型ファンの力を借りて床下に送ります。床下に送る途中でOMエアフォールを通過することで、清浄化された空気が床下に広がり、コンクリートに熱を蓄えながら室内を温めます。

  • 集熱と発電
冬の夜

冬の夜|放熱

夕方、外気温がさがり始める頃から、昼間蓄熱された床下の熱が、ゆっくりと放熱を始め、床を温めます。

  • 集熱と発電
夏の昼間

夏の昼間|排気とお湯採り

降り注ぐ太陽により熱せられた屋根の熱は室温に影響します。これを防ぐため小屋裏の夏排気口から熱を排出します。この熱はただ排出するだけでなく、貯湯槽の水を温めることに使用します。

  • 集熱と発電
夏の夜

夏の夜|外気取り込み

快晴の日の雲のない夏の夜は、放射冷却現象を利用して涼しい外気を室内に取り込みます。冷房ほどではありませんが、ほんのり涼しい夏の夜を、と考えられたしくみです。

  • 集熱と発電
イメージ画像

自然素材を活かした住宅に適した不動産の診断から、新築、リノベーションのご提案まで無料にて相談を承ります。

TEL 0466-27-1091

資料請求・お問い合わせ